上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月、30代の男性が来院した。3か月前に作業中、背中がぎっくり腰をしたかのように急に痛み出した。

整形外科や他のカイロ院、針灸など色々な所に一カ月づつ通ったが全く改善しなかったらしい。現在も仕事中はかなりつらい状態が続いている。

検査をしてみると、主訴である中背部の痛みと右手の中手骨間筋の筋筋膜障害の連動があったのでそれを改善して、別に左膝の手術後の痛みを改善して一回目の治療を終了した。

二回目の来院時、改善したといって来院したので背中の痛みが軽くなったのかと思ったら、右手の痛みがなくなったという。10年ぐらい前からペンチで電線を切る時に切れた瞬間手にズキットする鋭い痛みがあり、もう治らないものと諦めていたということだった。

それはいいのだが、肝心の背部痛は全然改善していなかった。そこで、徹底的に筋骨格の障害に絞って鑑別検査をして、両手と肘の治療をした。

しかし、主訴以外の膝痛などはどんどん改善するが肝心の背部痛は全く変化がない。そこで、もう一度詳細な問診をすると、食事の面で油ものが合わないということが判り、肝胆系の内臓機能障害からくる痛みと判断して上腹部の治療に全面的に切り替えた。

今度は、治療後2日間はかなり楽になったがその後少し元に戻ったようである。そこで、揚げ物を食べたか聞くと、少し食べてからまた悪くなったらしいことがわかった。前回の治療時、揚げ物を食べないようにアドバイスしていたのだが食べたらしい。(食習慣を変えるのは大変です)

今回は、改善度から見て肝胆の内臓機能障害に間違いないとみてその治療やり、油ものは一切取らないようにアドバイスした。

5回目になると背部の痛みは仕事の最後にコリを感じるぐらいまでに改善した。

この患者さんは、若いころから焼肉を友達と食べに行っても、よく食べて2~3切れであとはほとんど野菜ばかり食べていたらしい。また、お酒も飲まないのに肝臓の数値のγ-GTPがかなり高いということだった。

要するに、この患者さんは脂っこい食事が特に苦手なタイプで、通常の食事でも胆嚢に負担をかけていたのかもしれない。

30代の妻帯者で食事と酒の管理がほどほど出来ている人は、内臓機能障害からくる痛みはあまり見当たらない。そのことが、今回の症状改善のおくれにつながったのかと少し反省している。この男性のように極端に油に弱い方もいるのだと思い知らされた。
先月、背部痛で来院した中学の野球部のピッチャーの女房役のキャッチャーが来院した。こちらは守備練習でサードでノックを受けての練習後に右肘が痛くてポールが投げられなくなったというものである。

痛くなってまだ2日しかたっていなかったがかなり痛そうで、キャッチボールもできない状態であった。また、明日練習試合があるので今日中に改善してほしいという。

外傷ではないのでこの程度ならなんとかなるだろうと思い検査をすると、腰椎の2番と4番の関節機能障害と右手の中手骨の筋筋膜障害が主原因であることがわかった。

また、少し肥満気味で肝臓と腎臓、心臓に負担がかかり胸郭の機能障害を起こしていた。これらの問題が右肘周辺の筋筋膜に過度の負荷をかけていて、その状態で激しく守備練習で肘を使ったために肘周辺の筋筋膜障害を起こしたものであろう。

よって、それらのすべてをタッチエネルギーで改善させると、シャドウピッチングをしてもまったく痛みがなくなった。この患者さんもまた、患部以外の原因で症状を呈していた。

明日、軽めのキャッチボールをして肘の状態を調べて、試合に出るかどうか判断するようにアドバイスして治療を終了した。(多分大丈夫だと思うが・・・)

もちろん、減量するように強く勧めた。食べ過ぎは肝臓に負担を掛け腎臓を弱らせ心臓に負担がかかる。弱った臓器周辺の筋筋膜は緊張を起こして硬くなるために、体全体の動きに滑らかさがなくなる。
その結果、この患者さんのようにただの守備練習ぐらいで肘を痛めるのである。

スポーツをする人は特に、関節や筋筋膜機能障害の治療が出来る先生に定期的なメンテナンスをしてもらうことをすすめます。それは、怪我の予防に最大の効果を発揮すると思うからです。

よく怪我をする人はこういったことを頭に入れておくのも重要なことだと思うのだが・・・
またもや現代医学に翻弄された医療被害者が来院した。20代の青年である。

症状は、首と頭の付け根のコリと違和感、ふらつきである。約2年前に資格受験勉強の最中に首を前に曲げすぎたのが原因でこの症状が出たらしい。

過去の既往歴を聞くと学生時代に柔道で頭から畳に落ちて首のねん挫をしたらしく、それ以来首を後ろに反るとツッパリ感が出るようになったが普段はあまり気にならない程度だった。

この症状が出るようになってすぐに整形外科を受診するもレントゲンやMRIでは異常がないのでシップと痛み止めをもらったが飲んでも改善がないので、今度は脳神経外科で診てもらったがこれも異常なしで、そのほか整骨院や鍼灸で治療するも改善しないのでHPを診ての来院である。

来院直後はこの症状が長く続いているためにかなり落ち込んでいる様子だった。本人はもう一生治らないものと考え始めていたようである。そのためにウツ傾向になり心療内科を受診するように勧められていた。

過去の外傷歴と触診で後頭環椎の歪みが原因であることがわかった。特に左の後頭下筋群が過緊張を起こしていた。また、左手の第1と2中手骨の機能障害と前頚筋膜の短縮が重なってこの症状を呈していた。これらの障害をすべてタッチエネルギーで改善させた。

要するに、過去に頭から落ちた際にすでにこの部分に歪みが出来ていた為に首のコリがいつもあり、それを改善させようと首のストレッチをしすぎて逆に悪化させたものだと思われます。

こういった関節や筋筋膜機能障害はレントゲンやMRIでは異常として映りません。よって、異常なしと診断されてシップや痛み止めなどが処方されているようですが、これで数カ月しても改善しない場合はたいがい心療内科の受診を勧められて向精神薬を処方されているようです。

このような関節や筋筋膜機能障害は現代医学の盲点で、そのメカニズムが判っていないために誤診されて薬漬けになっている方が大変多いのが実情です。

この患者さんの場合も同じで大変苦しんでいたようですが、1回の治療でかなり改善して、この症状からやっと解放されるんだという思いが表情ににじみ出ていて、大変喜んでもらいました。

人間の体は現代医学が用いる最新の機器による検査データでもこの程度しか判ってないことを痛感します。やはり人間の体は手による触診の検査が最もたくさんの情報を教えてくれるような気がします。

両方のデータをうまく組み合わせれば素晴らしい医療の構築が出来ると思うのだが・・・

先日、中学の野球部のエースが背部痛で投球とバッティングができないということで患者さんの紹介で来院した。

5日後に試合があるのでそれまでにどうにかしてほしいという。経過を聞くと特に怪我などをしたわけでもなく徐々に痛みが出て来たという。

四肢の機能障害か骨盤脊柱、内臓の機能障害かをタッチ鑑別によって障害の原因を特定した。それは、左右の手の中手骨間の機能障害であった。

この機能障害は、両手を過度の負荷のかかった運動をやり続けた結果生じたのものと思われる。その背景には、日頃から練習後に使った筋肉を丁寧にストレッチしていないことがあるようだ。

両方の手の機能障害の部位をタッチエネルギーで治療すると両方の起立筋の圧痛が消えて筋緊張が緩んだので治療を終了した。

大人の場合は内臓機能障害も多いのですが、まだ学生で親御さんがちゃんとした食事を取らせていれば大丈夫のようです。

とりあえずこの子の場合はその場で症状が改善し、機能障害もそう問題なさそうなので試合も大丈夫と思いますが、再発をしないように手のストレッチの仕方を教えて治療を終了した。

背中の痛みが手をちょっと触っているだけで改善したのでビックリしていたが、こういった機能障害が原因の患者さんは大変多いのである。

しかし、こういった患者さんの多くが整形外科などでの治療で患部にシップと痛み止めの薬を処方されているが、症状が改善していないのである。

いつも言っていることだが原因を理解していないから本当の治療が出来ていないだけなのである。
先日、整形外科とペインクリニックで線維筋痛症という診断を受けた30代の男性が来院した。その男性によると「右手・右足のシビレ、首・肩・腰の痛み、背部痛があり、坐骨神経痛から始まり整形・ペインクリニック・心療内科などで治療を受けたが症状が治らない。線維筋痛症と言われた。」

症状が出てから1年と7か月の間激しい痛みが続き少し良い悪いを繰り返しながら徐々に悪化傾向である。

線維筋痛症とは、「原因不明の全身的慢性疼痛です。

こわばり感、倦怠感、疲労感、睡眠障害、抑うつ、頭痛、過敏性腸炎、微熱、ドライアイなどが伴う事もあ ります。他覚的所見としては「特異的圧痛点」(ツボのようなもの)を押して診断しますが、 通 常の検査では何も異常がないのも特徴です。膠原病やリウマチと症状が似ている部分もあります。また、慢性疲労症候群・膠原病・リウマチ・血清反応陰性脊椎関節炎等と併発することもあります。

周囲の理解を得ることが難しいため、患者は精神的に辛い状況に陥ることも少なくありません。検査で異常がないため、病院を転々とすることも珍しくありません。」・・・線維筋痛症友の会より。

西洋医学的にいえば、要するに原因がよくわからない疼痛症候群のようです。しかし、このような患者さんの多くは筋筋膜機能障害や関節機能障害が原因でこのような痛みが生じているようです。

この男性の患者さんももれなくこれに該当していました。首から腕、手の痛みシビレは肘と手の周辺の筋筋膜機能障害と関節機能障害が原因で起こっていました。

上背部の痛みは肝・胆内臓性の反射性の痛みが原因でした。腰下肢の痛みやシビレは腰椎の関節機能障害によるものでした。

それらの機能障害をタッチエネルギーで改善させると3回の治療でかなり症状がとれて楽になりました。

患者さんが苦しんで来た年月はなんだったんだろうと思います。原因を理解していないために患者の心の病が原因かのように向精神薬が処方されていました。

現代医療の先生方にもう少し筋筋膜や関節の機能障害の理解が進むと、こういった問題も軽減できると思うのですが・・・

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。