FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月、右肩の疼くような激しい痛みで夜も寝ることができないと、しょうすいした40代の女性が患者さんの紹介で来院した。

1か月前から突然痛みが強くなり、しだいに何をしててもズキズキする痛みが出るようになった。もともと約1年前から肩の痛みが軽くあったのだが、軽度のためほったらかしにしていたら今回のようになったらしい。

整形外科で診てもらったら、五十肩だから徐々にリハビリを続けながらシップと痛み止めで治療するように説明を受けたらしいが、そのリハビリを毎日毎日やればやるほど痛みがひどくなり、あまりの痛さに先生にステロイドの注射を打ってもらったら、その日だけは痛みが取れたが翌日薬が切れると以前にもまして痛みが増強したので、先生にまた注射をお願いしたら、強い薬だから一週間以内には打てないといわれて困り果てての来院であった。

検査をしてみると、回旋筋腱板の骨停止部の感覚受容器が興奮状態でロックしているのが判った。また、他の部位からの影響を調べる抑制鑑別検査をするとあまり影響がなかったので、最初に感覚受容器の興奮をタッチエネルギーで改善させた。

すると、今まで息をするのも肩がズキズキ痛むと言っていたのが、かなり楽になって喜んでもらいました。それから約5回ぐらいの治療でほぼ最初の肩の痛みは解消することができた。

今回の肩の痛みは、もともと喘息を患っていたので肺や胸郭全体の機能障害が特に右肩周辺の筋緊張を生じ、その結果本人にも気づかない小さな障害が積もり積もって今回の症状につながったものと思われる。

整形外科の治療はあくまでも対症療法で原因療法ではない。よって、肩周辺の筋の過緊張をゆるめないままリハビリをすると痛くてできないのは当たり前である。

そして今この患者さんは喘息を改善させるべく治療をしている。こちらは少し時間をかけてじっくりやろうと思っている。当然、患者さんにも食生活と思いの改善をお願いしている。病気の根本原因は患者さんの生活のどこかに不具合があるからなのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。