FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた久しぶりです。

症例がたまったので早く書かなければと思うのですが
元来の筆不精でなかなか進みません。 m(__)m

今回の症例は、40歳代 男性で、常に左殿部から下肢全体が重だるくて
シビレ感と熱感がある患者さんです。

症状は約一年半前から突然発症してこの症状が持続していて、病院の
検査では骨、神経異状なし、大腸の内視鏡検査でも異常なしです。

また、整骨院や整体院に数か所通ったが効果全くなしで現在にいたる。
当院の患者さんの紹介での来院です。

問診で、この症状の発症と同時期から便秘になったということでした。
よって、腹診をしたところ左下腹部にハリと圧痛があったので抑制鑑別
検査をすると症状が半減したので左下腹部の障害をタッチエネルギーテクニック
で治療すると症状が激減したので初回の治療を終了した。

2回目は、症状が半減していたので同じ治療で終了。

3回目は、症状はほとんど改善していた。また、便秘も解消していた。

この症状は典型的な内臓障害からくる疾患で、他の治療院では内臓障害を
改善させる治療が成されなかったために改善できなかったと思われる。

問診で主訴との随伴症状をしっかり確認していたお陰で速やかに症状
改善に結びつけたと思う。

問診は治療の基本でーす。(^。^)y-.。o○




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。