FC2ブログ
2週間位前に右側に坐骨神経痛があるという60代の女性が来院した。長時間の立位で右脚後面に痛みが出る。何年も前からあり、良い悪いの繰り返しであるという。ところが、来院したその日は左の腰が痛いということだった。

腰部・骨盤・両下肢の状態を調べると、特に両足に問題があることがわかった。両足の扁平化を補正するために最初は荷重側の右脚の筋が過緊張を起こして坐骨神経痛のような症状がでていたが、それをかばって左足荷重になり左の腰痛が出たものと思われる。

両足の足根骨、特に立方骨と楔状骨、中足骨が下垂を起こしてその補正で今回の症状がでていた。また、第5中足骨と腰椎の5番は相関関係にあり、日常の靴のツッカケ癖が足底筋の弱化を生みその結果、重心が後外側方向にずれた為に荷重側の中足骨の歪みが腰椎の歪みを形成していた。

両足の歪みをイメージエネルギーで治療してほぼ症状が改善した。ただし、この足の歪みは足底筋の弱化が原因だから、足底金を鍛える足半を紹介してエクササイズを行ってもらうことにした。真面目に足半を履いてくれれば坐骨神経痛様症状は出なくなるだろう。
スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |