FC2ブログ
手術後のキズ(瘢痕)が原因で膝痛、ふくらはぎの重だるさ、腰痛の症例。

20年9月6日に初診でご婦人が来院されました。左膝の痛みで他院で治療して改善したが、症状のなかった腰痛と右ふくらはぎの重だるさがでてきて不安になっての来院である。

この患者さんは、子宮筋腫の摘出手術のキズ(瘢痕)による結合組織の歪みが骨盤を歪ませ、左下肢を歪ませ膝痛を生じたものと思われる。他院で原因である術後瘢痕を無視して治療したために膝痛は治ったが別の症状が出現したものと思われる。

原因を治療していないために歪の負担のかかる場所が変わっただけのことである。新たに仙骨と右下肢のリンパ、静脈環流の障害を生じ腰痛と右下肢の重だるさの症状がでたのである。

治療:IEST(イメージエネルギーシンクロテクニック)で骨盤と下腹部のリンパ、静脈環流を改善して6回の治療でほぼ改善した。

詳細な問診と正確な検査があって初めて原因治療ができるわけで、改めてその重要性を再認識させられました。
スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |