FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前(11月10日)書いた内容は「一昨日の土曜日20代の女性が「太ももの前側の痛みで体を伸ばして歩けない」という症状で来院した。整形、針灸、整骨院などで色々な治療を受けたが全く効果なし。

ここまではよくあることなので別に驚かなかっただが、検査を進めて行くうちに通常の歪みではない原因が診つかった。それは腹大動脈の機能障害で、この血管が緊張して左大腿前部に反射痛を起こしていた。」であった。だいぶ改善してきたのでその後の経過報告です。

初回の治療でその場は少し改善したが次の来院時には元どうりだったので、次は腹大動脈に対してカウンターストレインテクニックを使って緊張をゆるめ、PNFテクニックで体幹の伸展可動域を改善し、心臓リコイルテクニックで心臓と大腿動脈の緊張のバランスをとった。この治療を5回続けてやっと症状が10→3ぐらいまでに改善させることができた。

これぐらいまで改善してくると後は時間の問題で良くなると思うが、この患者さんの根本原因を考察すると、2歳ごろに心臓の手術をしていることから心臓や大動脈の手術痕、それらを取り巻く結合組織の歪みがこの症例の最大の原因ではないかと考えている。

また、この症状がおこる半年位前に心臓の疾患である右脚ブロックの診断を受けていた。これらのことから心臓に対する手術が心臓や大動脈にかなりの負担を強いていたと想像する。この負担が大動脈の過緊張に続いて大腿動脈の緊張おも誘発してこの症状を発現したのであろう。

過去の手術や怪我の瘢痕は様々な痛みやシビレに関与していることが多々あるので、皆さんもそのあたりをよく考えておいたほうがいいと思います。


スポンサーサイト

背部痛

昨日、40代の男性が背部から首肩へと続く痛みを訴えて来院した。聞くと、「2年ぐらい前から思い当たる原因もなく痛みだした」という。既往は胃潰瘍と十二指腸潰瘍があり今は薬で抑えているからたまに軽い腹痛があるぐらいで大したことはないらしい。ちなみに煙草を1日4箱(80本)吸っている。

背部の痛みの場所が上部消化器系の障害による反射痛が良くおこる場所だったので、腹部を触診すると案の定、左の下部肋骨周辺とその周りの腹部に圧痛があった。

その圧痛部位をイメージエネルギーで治療すると背部の痛みは取れた。残りの首肩痛は胸郭の障害を同じように治療してほぼ症状が消失した。

この患者さんは、煙草の吸い過ぎから上部消化器の障害がおこりその反射痛が背部に生じたものであった。したがって、煙草を極端に減らすか止めないとまた同じような症状がおこることを告げて治療を終了した。

中高年になると食生活の乱れから起こる腰痛や背部痛、首肩痛が多くなる。若年者でもでたらめな生活をしていると同じである。体に何らかの不調がある人はまず始めに食生活の改善をおすすめする。もともと大半の病気は生活や食生活の乱れから起こっていることを知らなければならない。

治療するほうも患者さんが少しでも改善させようと努力する姿勢があれば、治りが断然よくなるのだが・・・

昨日、3年前の交通事故以来左の首と肩の痛みで悩んでいる26歳の男性が来院した。助手席でシートベルトをしていなくて右の耳からダッシュボードの前部に激突したらしい。それ以来今の症状が良い悪いを繰り返しながら現在にいたる。最近は良くない。

他院での治療の有無を聞くと、整体で丁寧にマッサージをしてもらったら翌日モミ返しがきて治療前より悪くなったらしい。

症状の出ているところは結果であって原因ではないことがほとんどである。結果である痛いところをもみ過ぎた為に悪化したのであろう。結果である痛いところの筋を緊張させている原因を診つけて、そこを治療しなくてはならない。

検査をしてみると、左の2番の頸椎と左の上部肋骨の歪みが検出されのでイメージエネルギーで治療すると痛みがほぼ消失したのでこの日の治療を終了した。

事故の強い衝撃で肋骨と頚椎の靭帯が伸ばされて、それを補正するために周辺の筋が緊張し続けていたのであろう。整形外科や整体にも行ったのだが治っていない。どちらも原因の場所を適正に治療していないために3年間も苦しんできたのである。

しかし、整体やカイロプラクティックといわれる治療所の多くが結果でしかない筋肉をマッサージしていると聞く。その場はいいが、直ぐに症状がぶり返すか、この症例のように強くモミ過ぎるとかえって悪化してしまう。

きちっと問診と検査をして原因にアプローチする治療所を選びましょう。(^_^)ニコニコ

一昨日の土曜日20代の女性が「太ももの前側の痛みで体を伸ばして歩けない」という症状で来院した。整形、針灸、整骨院などで色々な治療を受けたが全く効果なし。

ここまではよくあることなので別に驚かなかっただが、検査を進めて行くうちに通常の歪みではない原因が診つかった。それは腹大動脈の機能障害で、この血管が緊張して左大腿前部に反射痛を起こしているものであった。

症状を訴える左大腿前内側部を触診しても、筋の緊張や圧痛などが一つもなくただ、座位でも立位でも伸展すると痛みが増大する。じっとしていても鈍い痛みが持続している状態であった。

とにかく体を後ろに少しでも反ると鋭い痛みが走るというので、体前面と内臓に絞って改めて検査をしてみると、腹筋や胸郭、内臓などに問題はなかった。しかし、腹部内臓触診中に腹大動脈のいつもより強い拍動を感じた為、丁寧にこの動脈を触診すると強い圧痛と大腿に放散する痛みが確認できた。

そこでいつもにように、イメージエネルギーで治療するとその場で一時的ではあったが症状を半減することができた。症状が少しぶり返してきたのでこの動脈を緊張させる原因がまだ他にもありそうだが、体の反応を待つということで今日の治療を終了した。

カイロ、整体などは通常体液循環に関して、リンパや静脈環流には目を配るのだが動脈の血管にはあまり目を向けていないと思う。だからいろんな所で治療してもなかなか改善させるまでには至らなかったのだと思う。

この症例の続きは追ってお知らせしたいと思う。
一昨日、腰痛の女性が来院した(37歳)。以前、膝痛と腰痛を治療した方で、再診である。聞くと、2~3日前から思い当たる原因もなく腰痛が出てきたということであった。検査をすると左下肢と頭蓋、上部頸椎の障害であることがわかった。それで、まず左下肢の障害をイメージエネルギーで治療すると、腰痛が少し楽になった。

腰痛の改善がいまひとつなので、頭蓋と上部頸椎が今回の腰痛の原因であると考え、最近めまいや頭痛のような症状はありませんかと聞くと、2週間位前からめまいが酷くて病院に通っているが全然改善しないということであった。頭を前後左右に振るとめまいが出て気分が悪くなるという。

そこで、後頭骨と側頭骨をイメージエネルギーで治療すると、その場で症状が改善した。また、腰痛もだいぶ改善したのでこの日の治療を終了して、翌日きてもらうことにした。

翌日、あれだけ酷かっためまいはその後一度も出てなく、腰痛も半減していた。再度、前回の治療をして腰痛がほぼ改善したのでこの日の治療を終了した。

この患者さんのように、頭頸部の障害が原因で腰痛がでることは少なからずあることで、また、その障害による頭痛やめまいは大変多い症状である。

病院の検査では異常がないから循環を良くする薬をもらっていたが、全く改善していない。これは、対症療法で原因治療ではない。今回のめまいの原因は頭頸部の歪からくる体液循環障害であると私は思っている。その証拠に原因の頭頸部の歪みを改善すると、めまいの症状はすぐその場で改善したことである。

同じ腰痛でも原因はさまざまで足、骨盤、内臓、頭頸部、手などの機能障害から起こってくるのである。人体は本当に不思議に満ちている。でも、そこがまた大変興味深いところでもある。

このブログをお読みの方で思い当たる方がいれば、体の歪みが良くわかっている治療家を是非訪ねてもらいたいものである。


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。