上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
47歳女性で、首の寝違えの患者さんが来院した。2日前に痛めて少しは楽になったがまだ痛いということであった。首を左に倒すと痛みが一番強いというので、頚胸移行部周辺を検査して障害をほぼ取り除いたが、症状は全然改善しない。

そこで、上肢からの影響を検査すると、両腕の前腕骨間膜圧迫で痛みが半減した。また、胸郭の検査をすると左前鋸筋が過緊張を起こしていた。両方の障害をイメージエネルギーで治療すると、首の痛みは殆ど改善した。

痛みのある周辺をいくら治療しても改善しなかったが、右の前腕骨間膜と左前鋸筋を治療すると嘘のように楽になった。

いつものことだが、痛みのあるところは結果であって原因ではない。首の痛みの原因は反対の腕の歪みだったのである。患者さんも反対の腕を治療すると首の痛みが取れたので、不思議がるやらびっくりした様子でした。

人間の体は、筋膜という弾性のある布のような膜で全身が覆われている。しかもその膜は足の先から手の先まで全身を通してつながっている。そのために、遠位部からの障害が体のいろいろな場所に影響して、症状として出現するのである。

遠位部からの影響を取り除いてやると(原因を取り除く)痛みという症状は大半が取れてしまうのである。

原因を見つけることが出来る治療家の処へ行けばいいのだが、足先や手先まで検査して治療している治療家が少ないのも事実である。

スポンサーサイト
昨日、80歳近い男性が腰痛で来院した。詳しく聞くと骨盤の中心が重だるくて背筋を伸ばして歩けないし、仰向けで寝ると骨盤の中心が痛くて眠れない。整形外科では「腰椎の2-3番の間が狭く神経を圧迫して痛みが出ているから痛み止めとシップで様子をみましょう」と言われたそうである。

神経根は圧迫されても痛みは出ないが、100歩ゆずって、痛みが出るにしても腰椎2番の神経支配は大腿(ふともも)全面だから、骨盤の中心(仙骨)に痛みだ出ることはありえない。

触診してみると仙骨の可動性が悪いので可動化すると、少しは楽になったが依然重だるく痛む、年齢的に癌などの病気の可能性も視野に入れなければならないが、病院の検査で異常なく、横向きだと痛みがなく寝ることができるということなので、可能性は低い。

重だるい症状の1番高い可能性はリンパ、静脈環流障害である。そこで腹部の触診をすると、下腹部に痛む部位に放散する圧痛が検出された。イメージエネルギーで直腸、膀胱、前立腺の体液還流を改善させると、その場で痛みがなくなって背筋を伸ばして歩けるようになった。

下腹部内臓の過緊張が体液還流を傷害して周辺の感覚受容器を興奮させ痛みが生じていたと私は診ている。整形外科医は痛みイコール神経の圧迫とみているようで、レントゲン写真で背骨の間が狭いところがあると、それが痛みの原因であると説明しているようである。

この患者さんは、6月くらいから悪いようで約4か月も苦しんでいたのである。本当の原因を改善させると症状はその場で嘘のように取れてしまうのである。確かに、すべての患者さんがこのように1回の治療で劇的に改善することはそう多くはないが、少しでも早く改善できるものならそうすべきである。

現代医学がもっと筋筋膜、靭帯、腱や体液還流の障害を理解してくれればと祈るばかりである。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

今月の1日に来院した頭痛と息苦しさの中学生が再来院した。前回まで2回の治療でかなり改善していたが、3回目を体調不良でキャンセルしていた。治療は上手くいっているのに体調不良とはどうしたのだろうと心配していたが、最近の急な寒さで風邪をひいていたということで一安心した。

問題の今までの症状はと聞くと、「2回の治療でかなり楽になったので部活を再開していたら、風邪をひいてしまい、今は風邪は治ったが頭痛が残っている」ということで再来院したということだった。

要するに、元の歪みが完全に改善されていないために頭痛だけが残っている状態であった。よく診ると胸郭全体のひずみは取れていたが、頚椎2番と後頭骨のユニットとしての障害が残っている状態であった。そこで、後頭骨と頚椎2番の筋膜、硬膜、靭帯を同時にイメージエネルギーで調整すると、その場で頭痛の症状が完全に消失したので、この日は終了した。

その3日後来院したが頭痛の症状は無しということだったが、検査してみると頚椎2番の歪みが残っていたのでイメージエネルギーで治療して、次回この障害が取れていれば治療を終了することを伝えてこの日の治療を終了した。

患者さんにとってみれば症状がなくなれば治ったことになるのだが、我々専門家から見れば症状は取れても歪みが残っていればまだ治療しなければならない。そのために、患者さんにはまだ歪みが残っていることを検査を通じて理解してもらっている。

頭痛・呼吸障害・食欲不振などの深刻な症状での来院であったが、数か所の大きな病院の検査では異常なしである。まさに現代医学の盲点である。患者さんの体に全く触れずに血液検査や画像診断に頼った医療の大きな問題なのである。

血液検査や画像診断が悪いと言っているわけではない、大変素晴らしい検査機器ではある。しかし、体を触診して得られる検査データはそれに勝るとも劣らない素晴らしい検査手段であると信じている。

現代医学がもっとこのことに気づいてくれたら素晴らしい医療体制が構築できるのだが・・・

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

10月19日北九州の小倉のナショナル整体学院で恒例の手技療法のセミナーを行った。いつも思うことだが、生徒さんの多くはカイロや整体などの手技療法をマッサージと同じようなものだと考えている。痛みや凝った所をもみほぐせばいいと思っている。確かに患者さんが満足してくれているなら癒しとしてはそれもありだとは思う。

しかし、これが治療となると話は違う。痛みや凝りの原因を診つけて治療し、その症状が2度と起こらないように改善をはからねばならない。痛みや凝ったところをもむだけではすぐにまた元の症状が出てくることが大半である。痛みや凝りは原因ではなく結果でしかないのである。

膝痛の原因が足の時もあれば骨盤、脊柱、頭蓋、内臓の機能障害の時もある。結果としての症状は同じでも原因は患者ひとりひとり様々なのである。だから体全身を診る能力が要求されるのである。すなわち解剖学、生理学、病理学、薬理学、整形外科学、神経検査学、様々な手技療法学などに精通して初めて原因を追究することができるのである。

人の体の障害を改善させるとはこのように大変な知識と経験を必要とするのだが、またそれが逆に楽しみでもあり喜びなのである。ぜひ、これらの生徒さんの中から優秀な手技療法家が沢山誕生してくれることを願っています。 がんばれー! (^_^)ニコニコ
今日のテレビ報道で、手による治療で子宮筋腫が小さくなるといって医療行為をしていた某整体師が逮捕されていた。報道を見る限りでは違法整体師が金目当てに女性をだましていたように思える報道であった。報道が真実ならこの整体師は論外であると思うのだが、ただ納得いかないところがあった。

報道キャスターが専門家(医者)の意見を踏まえて子宮筋腫が手技で小さくなることはありえないと伝えていた。しかし、私はありうると思う。なぜなら、私は8年前に京都大学教授のカールベッカー先生の講演をきいたことがあったのだが、その時、「現代医学の常識」は非常識ということを聞いたからである。

先生は、世界の色々な医療を現地取材を行って研究されていて、その取材のビデオの内容は驚愕の内容であった。癌やその他の難病の心霊治療だとか、真っ赤に焼けた炭を口にくわえて笑っている現地人の姿などが映し出され、それがすべて本物だと言って解説されていた。

まさに現代医学的にはあり得ない話だろうが、真実なのである。また、私の臨床経験の中でも医者から手術以外では治らないといわれている患者が、手技で改善した症例はかなり沢山あると記憶している。

今回の報道で、専門家の意見が医者だけというのは残念である。やはり、手技療法の専門家の意見も同時に報道してほしかったと思うのだが・・・。
2週間位前に右側に坐骨神経痛があるという60代の女性が来院した。長時間の立位で右脚後面に痛みが出る。何年も前からあり、良い悪いの繰り返しであるという。ところが、来院したその日は左の腰が痛いということだった。

腰部・骨盤・両下肢の状態を調べると、特に両足に問題があることがわかった。両足の扁平化を補正するために最初は荷重側の右脚の筋が過緊張を起こして坐骨神経痛のような症状がでていたが、それをかばって左足荷重になり左の腰痛が出たものと思われる。

両足の足根骨、特に立方骨と楔状骨、中足骨が下垂を起こしてその補正で今回の症状がでていた。また、第5中足骨と腰椎の5番は相関関係にあり、日常の靴のツッカケ癖が足底筋の弱化を生みその結果、重心が後外側方向にずれた為に荷重側の中足骨の歪みが腰椎の歪みを形成していた。

両足の歪みをイメージエネルギーで治療してほぼ症状が改善した。ただし、この足の歪みは足底筋の弱化が原因だから、足底金を鍛える足半を紹介してエクササイズを行ってもらうことにした。真面目に足半を履いてくれれば坐骨神経痛様症状は出なくなるだろう。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

2日前、頭痛、肩こり、息苦しさの症状のある中学生が母親に連れられて来院した。いつ頃から悪いか聞くと、バスケット部に入ってからおかしくなったということであった。また、1週間前には朝、家を出てすぐ2時間ぐらい意識を失っていたという。

バスケの練習中に何か事故はなかったか聞くと、2か月位前に相手と激しくぶつかって肘がみぞおちに入って息ができないぐらい痛いことがあったという。

原因はこれではないかと思い、それ以来今の症状が出たのではないかと聞くと、良く考えるとそのようだという。

そこで、打撲したところを中心に胸郭全体と頸部の触診をすると、右の横隔膜と第5肋軟骨、左背部の1~6肋骨部、左胸鎖乳突筋に過敏な圧痛点がある。

右上腹部から横隔膜に対してイメージエネルギーで緩め、他も同じように緩めたが左上背部だけが取れない。よって脊柱の過敏点を探して、最も過敏なところと鑑別すると劇的に緩む。よって、胸椎2番をイメージエネルギーで緩めて最後に頭蓋を調整した。

以上で、症状の大半が改善したので1回目の治療を終了。

この中学生は、3か所の大きな病院でCTやMRIなどの精密検査を受けたが何の異常もないといわれての来院であった。こんなひどい症状があるのに現代医学の検査では異常として出ないのがおかしいと言わざるを得ない。ましてや、何もしないのに2時間も意識を失っていたというのは大変なことである。

考察:障害の原因は胸腹部打撲時に頸胸部捻挫も起こした結果、頸部全体の過緊張から頭痛が起こり、横隔膜と肋間筋の過緊張で呼吸障害を生じていたものと思われる。交通事故によるむち打ち障害と同じである。

このような軟部組織の障害は手による触診以外では判らないし治療もできないと思う。

病院で異常なしといわれるけどつらい症状のある方は、ぜひ体のことを本当に理解している専門家のところを受診することをお勧めします。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

手術後のキズ(瘢痕)が原因で膝痛、ふくらはぎの重だるさ、腰痛の症例。

20年9月6日に初診でご婦人が来院されました。左膝の痛みで他院で治療して改善したが、症状のなかった腰痛と右ふくらはぎの重だるさがでてきて不安になっての来院である。

この患者さんは、子宮筋腫の摘出手術のキズ(瘢痕)による結合組織の歪みが骨盤を歪ませ、左下肢を歪ませ膝痛を生じたものと思われる。他院で原因である術後瘢痕を無視して治療したために膝痛は治ったが別の症状が出現したものと思われる。

原因を治療していないために歪の負担のかかる場所が変わっただけのことである。新たに仙骨と右下肢のリンパ、静脈環流の障害を生じ腰痛と右下肢の重だるさの症状がでたのである。

治療:IEST(イメージエネルギーシンクロテクニック)で骨盤と下腹部のリンパ、静脈環流を改善して6回の治療でほぼ改善した。

詳細な問診と正確な検査があって初めて原因治療ができるわけで、改めてその重要性を再認識させられました。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。