FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20年2月29日 初診 女性 43歳

この患者さまは、首肩の痛みと手指のシビレが突然発症した。思い当たる原因もない。整形外科を受診するもMRI検査で特別異常なしということで電気、シップと痛み止めで治療するが全然効果がないので、HPを見ての来院である。

(現病歴)
以前から左の首肩の凝りはあったが、約一ヶ月ほど前に思い当たる原因もなく突然首肩の痛みと手指のシビレを発症した。仕事がら無理な姿勢の作業が多く、これが原因かなと思いつつも急にひどい症状を発症して仕事もできずに休んでいる状態である。

病院の検査では特に異常ないと言われ、シップや痛みどめの薬では全然効果がないどころか悪化傾向で憔悴しての来院である。

その他気になる症状は左足前面の違和感、左手首の痛みと手足の冷え。

(検査)
1:左前鋸筋・左前斜角筋・左頚長筋・左棘下筋・左腸腰筋・左手根屈筋筋膜機能障害
2:胸椎1~3関節機能障害

3:全身各部の痛みや不快症状、手足の冷え、神経質の症状(自律神経失調)が見られる

(施術)
上記の障害を、東カイロプラクティック独自のNMRT(神経筋反射テクニック)というタッチするような安全で無痛なテクニックで治療した。現在3回治療して、症状は10→2に軽減している。

問診の段階で、嗜好と症状からカフェイン中毒の疑いがあるのでコーヒー、コーラ、チョコレート、お茶などのカフェイン食品一切の禁止を指示。

仕事もできないつらい症状が嘘のように楽になったと喜んでいただけました。

現在1週間に一回のペースで治療継続中。

(考察)
この患者さまは左頸胸部に以前から筋筋膜機能障害があり、その上にカフェイン中毒と無理な作業が重なってこの病態を形成したものと思われる。

最近の患者さんの傾向として肝胆機能障害とカフェイン中毒を伴っている方が非常に多いように思われる。色々な痛みなどの不快症状の陰にこれらの問題が痛みなどの症状を悪化させているのである。

乳製品や揚げ物などの脂肪分の多い食品の取りずぎで肝胆機能障害を患い、嗜好品であるコーヒー、紅茶、コーラ、チョコレート、お茶の取りすぎで知らず知らずのうちにカフェイン中毒になっているのである。

この患者様も職場でコーヒー、家でコーラ、チョコレートなどカフェインの多い食品を摂りすぎたために中毒になったのではないかと思います。

カフェインを断ってすぐ、軽い頭痛とコーヒーを飲みたい欲求に襲われたそうですが、4~5日で回復し、それに伴って首肩の痛みも嘘のように楽になったそうです。

もし中毒がある方は一切のカフェイン食品を断つと、始めに頭痛などの禁断症状が出て、一週間前後で回復します。

少なめに摂る分には大丈夫なんですが、なんでもほどほどが一番いいようです。

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。