FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20年1月20日 初診 男性 45歳

この患者さまは、25年前に交通事故で顔面の上半分に大ケガを負い、それ以来頭重感に悩まされている方で、今まで色々な病院で精密検査を受けたが異常なしと言われ、もう治らないかもしれないと半ばあきらめ気味で、当院のHPを見ての来院である。

(現病歴)
25年前に正面衝突の事故で、顔面の上半分と前頭部に大けがを負い、それ以来いつも頭を締め付けられるような重たさで、朝は少しいいが時間とともに症状がひどくなる。また、髪の毛が伸びて耳に少しでも当たると不快でたまらずすぐに髪を切らなければおれない状態で、症状自体は良い悪いの繰り返しで無くなることはない。

(検査)
1:左右胸鎖乳突筋・左右前斜角筋・左右頭長筋筋膜機能障害(特に右側)
2:頚椎1,2番・胸椎1~5関節機能障害

(施術)
上記の障害を、東カイロプラクティック独自のNMRT(神経筋反射テクニック)というタッチするような安全で無痛なテクニックで治療した。現在7回治療して、症状は10→4に軽減している。

以前は髪の毛が耳にかかると大変不快であったが、現在は少し不快ぐらいで髪を切らなくても大丈夫なまでに改善している。毎日々25年間にも及ぶ不快感がかなり改善したので喜ばれている。

現在1週間に一回のペースで治療継続中。

(考察)
この患者さんは、外傷による前頚部の筋筋膜障害が主な原因であった。衝突する時に全身の筋肉が強く緊張するが、衝突の衝撃で障害の筋筋膜が激しく引き伸ばされたために生じたものと思われる。

このような事故の場合、病院では外傷による怪我(器質障害)を治療するが、筋筋膜などの機能障害は放置される場合が大半で、そのために、事故後の痛みやシビレなどの不快な症状で悩んでいる方が非常に多いいのが現実です。

こういった筋筋膜機能障害や関節機能障害の連鎖は時として全身に波及して色々な愁訴の原因になっていくのです。

ですから、事故などによる怪我の治療が終わった後は是非、体の歪みが判る本物の施術所で治療する事をお勧めします。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

19年12月25日 初診 女性 36歳

この患者さまは、10年前にママさんバレーで左膝の十字靱帯を断裂して以来ずっと続く慢性腰痛の方で、最近腰痛が悪化したための来院である。

(現病歴)
約10年前にママさんバレーの練習中に左膝の十字靱帯を断裂、その後整形外科で手術治療。それ以来左腰痛と、左膝痛、左ふくらはぎの鈍痛とだるさがあり、特に試合の後はそれらの痛みが激しくなって、2~3日何もできない状態になる。

(検査)
1:左腸腰筋・左起立筋・左中殿筋・左膝窩筋・左腓腹筋・左足底筋筋筋膜障害

2:右腰仙関節・左膝関節・左脛腓関節機能障害

(施術)
上記の障害を、東カイロプラクティック独自のNMRT(神経筋反射テクニック)というタッチするような安全で無痛なテクニックで治療した。現在8回治療して、症状は10→3に軽減している。

試合後の腰痛は膝を怪我する以前の状態まで回復している。
現在2週間に一回のペースで治療継続中。

(考察)
このケースは、膝を怪我した後の周辺の機能障害が腰仙筋筋膜の機能障害に波及して腰痛を生じさせたものである。

こういった怪我による手術後に残る筋筋膜障害、関節機能障害は大変良くあるケースで、怪我の後は必ず早期の機能障害の治療をお勧めする。

早期に治療することで、全身に及ぶ機能障害の連鎖を断つことが出来るのである。

この患者様のように10年にも及ぶ長い間、機能障害を放置していたために腰部・骨盤部・足部に機能障害の連鎖が波及していた。

膝を怪我する以前は腰痛など体の痛みを感じたことがないというほど元気な方だったのが、怪我から派生する筋筋膜障害によりこれらの症状を呈したものと思われる。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。