上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19年9月7日 初診 男性 74歳

この患者さまは、両手、特に右手の指を曲げると痛みとシビレで物を握ることができない。鍼灸と整骨院で治療するも改善しない。特に整骨院では指を強くもまれて、症状が悪化しての来院である。

(現病歴)
約3ヶ月前から徐々に、手を握ると痛みが出るようになり強くにぎれなくなった。『毎日農作業をして、強く握ることが多いことが原因かもしれない。』とのことであった。2か所の鍼灸院に10回ずつぐらい通ったが改善せず。最後に整骨院に行って、痛い指を強い力でもまれてから両手が腫れあがってしまい、治療を中止した。少しはれがひいての来院である。

(検査)
1:両手根屈筋・手根伸筋・腕橈骨筋の筋筋膜障害
2:右椀尺関節・腕橈関節・橈尺関節機能障害

(施術)
上記の障害を、東カイロプラクティック独自のNMRT(神経筋反射テクニック)でタッチするような安全で無痛なテクニックで障害を取り除いた。

(結果)
5回の治療でほぼ改善した。やっと強く握れるようになって大変喜んでいました。

(考察)
この患者さまは、日頃からの両手の酷使が前腕筋群の筋筋膜障害を生じさせたと思われる。この場合、主訴周辺のすべての障害を取り除いて、痛みとシビレが取れた段階で、家で徐々に各指を伸ばすストレッチを行うように指示をした。

整骨院で『指の動きが悪くなっているから動かさないと治らない。』といって、強い力で指をゴリゴリ動かされた。その結果、筋筋膜炎・関節炎を生じたものと思われる。

このように、筋肉が過緊張を起こしているものを無理やり動かすのは、治療どころか壊しているに等しい。

先に筋肉の受容器を正常にして筋を緩めてから、徐々に筋を伸ばすように動かさなくてはいけません。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

19年11月 初診 男性 31歳

この患者さまは、私が講師をしている整体学院の生徒さんで、講義中に生徒さんをモニターとして実際に治療をしたうちの一人で、左背部に長期にわたる慢性の痛みがある方でした。

(現病歴)
約3年前に重い荷物を持っている時に痛めた。身体をひねったり、前屈、左の上肢の挙上で痛みが出る。その後、しばらくたっても痛みが引かないため整形外科を受診。
診断は、骨は異常なし。左背部の捻挫といわれ、レーザー治療とシップをしてもらったが、4~5回治療して全く改善しないので通院を中止。それ以降、治らないものと思って一切の治療をしていない。同じような症状が今も続いている。

(検査)
1:左前鋸筋(第8肋骨起始)の筋筋膜障害。
2:胸椎8番の関節機能障害。

(施術)
上記の障害を、東カイロプラクティック独自のNMRT(神経筋反射テクニック)でタッチするような安全で無痛なテクニックで障害を取り除いた。

(結果)
一回の治療で全ての症状消失。

2~3分のちょっと触っているだけの治療で症状が取れてしまったので、ビックリしていた。(3年間この痛みで苦しんできたのは何だったのかなという思いだったようです)

別の原因がなければ、これでもう症状は出ないと思います。

(考察)
この患者様の場合、左第8肋骨付着の前鋸筋の受容器が抑制されていました。その結果周辺の筋線維が拘縮を起こしたためにこの筋を伸展するすべての動作で痛みが出ていました。

しかし、この筋筋膜障害の本当の原因は胸椎8番の関節機能障害だったのです。それは、抑制鑑別検査を行うと痛みが無くなるのですぐに判ります。

したがってこのケースでは、先に胸椎8番を治療して、残る前鋸筋の障害を後に治療しなければならないのです。主な原因を先に治療することで、残りは治療しなくて済むケースがよくあるからです。(極力、体への刺激を減らすため)

この患者様のように、自分の痛みが治らないと思っている方々が沢山います。機能障害は正確に治療しないと何十年と続く事がよくあります。逆に、緻密に正確に治療すれば治る方が断然多いのです。

このように長期にわたって痛みが継続している疾患の多くは、情動系が絡んで心の不安や怒りが交感神経を興奮させ、末梢の血管が収縮して循環が悪くなり、発痛物質が蓄積し、また痛みが出るという悪循環が形成され、痛みがいつまでも続く慢性痛になっていくのです。

慢性痛からの脱却は、劇的な症状の改善による心の安心感(治らないという心の不安や怒りがとれる)がこの悪循環を断つ1つの大きな要素となります。

正確な治療とは、主訴につながる可能性のある筋肉から筋筋膜障害の筋を鑑別し、その障害の要であるトリガーポイントを特定し、その筋の障害の分類に合わせて治療テクニックを使い分けていくことが重要です。

この場合は、そのトリガーポイントが一次原因のときです。この患者様のように2次性の場合、要するに別の原因がそのトリガーポイント形成に関与している場合は、その根本原因を特定して治療しなければなりません。

主な別の原因は脊椎、上部頚椎、頭蓋、仙骨、手足の障害による反射や内臓反射、経絡、心の問題などです。体中のあらゆる所が障害の根本原因になりうるわけです。これらの障害を正確に検査、鑑別し、適切なテクニックを選択しなければ障害を改善させることはできないのです。

このように高度な医学知識と繊細な手技感覚が要求されるため、癒やしのマッサージやシップ、電気治療などで複雑な障害を改善させるのは難しいということがお判り頂けたと思います。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

19年10月 初診 女性 30歳

この患者さまは、私が講師をしている整体学院の生徒さんで、講義中に生徒さんをモニターとして実際に治療をしたうちの一人で、手首の痛い方でした。

(現病歴)
数ヶ月前から続く手首の痛みがあり、床やテーブルに手を着くと鋭い痛みでしっかり手を着けない状態である。整形外科で診察してもらうと、『手首の所の骨の間隙が狭くなっているから痛みが出ている』といわれて、3~4回電気治療とシップで治療するも全く改善しないので、治らないかもしれないと半ばあきらめかけていた。

(検査)
1:手根屈筋(ハイポトニシティー)・手根伸筋(ハイパートニシティー)の筋筋膜障害。

(施術)
上記の障害を、東カイロプラクティック独自のNMRT(神経筋反射テクニック)でタッチするような安全で無痛なテクニックで障害を取り除いた。

(結果)
月一の間隔で2回の治療で改善した。

(考察)
この生徒さんは、病院で『関節の間隙が狭い』といわれ、治療しても全然改善しないので半ばあきらめかけていたところだったので、カイロプラクティックによる手技療法がいかに素晴らしいかを身をもって体験できたのではないかと思います。

この問題は、今の医療が痛みの大半を骨折や肉離れ、筋筋膜炎などの炎症による痛みだと考えているからではないでしょうか。

もしそうであるなら、骨折や肉離れなどの治癒後に出てくる痛み、はっきりした原因もないのにいつの間にか出てくる腰痛、坐骨神経痛、頸肩腕痛、五十肩、膝痛、腱鞘炎、頭痛などの痛みの主原因を炎症として解釈するには無理がある。

その証拠に、原因の筋筋膜障害を取り除くと素晴らしい効果を発揮し、その場で劇的に改善する事もよくあるからです。

病院のCTやMRIなどの画像診断は交通事故などの外傷による障害には素晴らしい情報を提供できますが、日常よくみられる多くの筋筋膜機能障害などには、異常として映らず、役に立っていないのが現状だと思われます。

こういった筋筋膜機能障害は、カイロプラクティックなどの手技療法による触診が最も優れた検査法だろうと思います。

正確な検査が、適切な治療方針を決定し、根本治療への大きな原動力となるのです。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

19年8月9日 初診 女性 46歳

この患者さまは、交通事故でムチウチ症を患い、それ以降継続する強い右首肩の痛みがある方です。

(現病歴)
30年の間に3度の交通事故でムチウチ症を患っていた。元々あった右首肩の軽度の痛みが、一ヶ月前の最後の事故以来症状が激しくなり現在にいたる。

下を向いて本を読めない。長い時間書き物が出来ない。(少し書くと右腕が重だるくて書けない)

整形外科で頚椎捻挫と診断され、首の牽引とシップ、痛みどめの薬で治療を行うもその時だけの一時しのぎで改善しない。

そのため、整骨院・整体・鍼灸・マッサージなど友人に色々紹介されて行ったが、その時は一時的に楽になるが長続きしない。結局、別の友人の紹介での来院である。

(検査)
1:右頚椎7番関節機能障害
2:右上僧帽筋・右腕橈骨筋・右手根伸筋・左後斜角筋・左胸鎖乳突筋の筋筋膜障害
3:右3~5肋横突関節機能障害

(施術)
上記の障害を、東カイロプラクティック独自のNMRT(神経筋反射テクニック)でタッチするような安全で無痛なテクニックで障害を取り除いた。

(結果)
主訴は5回の治療で改善した。
別に、慢性の左腰痛を治療して、健康管理で現在月一程度で治療継続中。

(考察)
この患者さまは、3度の度重なる事故で頸胸移行部に強い外力による頚部捻挫から頚椎関節機能障害と周辺の筋筋膜障害を生じたものと思われる。

この障害を取り除くには色々な方法があるが、他院ではうまく取り除く事が出来なかったのである。この症例はそんなに難しいものではなく、癒しのマッサージや電気治療を主に施術している治療院ではこの程度の技術も無いのかと疑ってしまいます。

この方が、2回目の治療に来た時、『電機治療やマッサージを一切しないで、長い説明とちょっと触っただけで終わり。今までの治療院ではよくやっていただいたのに、最初はだまされた気持でいました。でも治療後2~3日すると、いつもならまた同じ症状が出てくるのに今度はどんどん楽になるのでびっくりしました。』と言っておられたのを聞いて、我々治療家は根本原因の探求を惜しんではならないとつくづく思いました。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

19年10月29日 初診 女性 63歳

この患者さまは、水泳教室で水泳の練習を始めたのをきっかけに激しい頭痛と眼の痛みに襲われた方でした。

(現病歴)
約2週間前から水泳教室でビート板を持ってバタ足の練習を始めてから急に頭痛がするようになった。(過去にこのような頭痛の経験なし) 

徐々に頭痛が激しくなり、眼の痛みを伴うようになった。そんな時、お風呂でかかり湯をすると急激な激しい頭痛に襲われ、翌日、脳神経外科で診察を受けたがCT検査で異常なしといわれ痛み止めの薬をもらったが、その時だけの一時しのぎで効果なし。 お風呂恐怖症になっていた。

友人の紹介でマッサージに行ったが、これも効果がなく、別の友人の紹介での来院である。

(検査)
1:左右前斜角筋・右頭長筋・左頚半棘筋の筋筋膜障害。
2:頚椎2番左右の関節機能障害。

(施術)
上記の障害を、東カイロプラクティック独自のNMRT(神経筋反射テクニック)でタッチするような安全で無痛なテクニックで障害を取り除いた。

(結果)
2回治療をおこなったが、1回目の治療で2日後に完治していた。2回目は骨盤の歪みを治療して全ての治療を終了。

1回の治療であんな激しい頭痛が取れて、『ウソみたいで信じられない!』といって、大変喜んでいただけました。

(考察)
この患者様の場合、ビート板で首を反らして練習するのが原因で後頚筋の筋筋膜障害が生じ、激しい頭痛が起きたのだが、本当の原因は以前からある前頚筋(左右前斜角筋と右頭長筋)の筋筋膜障害があって、首が反りにくいのを無理やり後頚部の筋を緊張させたのが主因と思われます。

よって、この場合の治療は、痛い場所である頭半棘筋をやる前に前頚筋(左右前斜角筋と右頭長筋)の筋筋膜障害を治療しなければならないのです。

専門的にいうと、前頚部の筋はハイポトニシティーで、後頚部の筋はハイパートニシティーの筋筋膜障害であった。後者の障害は、ぎっくり腰やムチウチ、寝違いなどでよく診られる障害で、補正のために過緊張を起こし、大変な痛みを伴うことがよくありますが、原因ではないのです。

症状の起こっている場所は痛みのある場所ですが、原因のある場所ではないことがほとんどです。よく痛いところに湿布を貼る行為を見受けますが、対症療法であり、根本治療ではないのです。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

19年11月24日 初診 女性 44歳

この患者さまは、腰から左足全体にシビレと痛みのある方です。医師の診察の結果ヘルニアだといわれ、治療の結果は効果なし、ということで当院のホームページを見ての来院です。

(現病歴)
約一か月前に突然上記の症状が出現、思い当たる原因は『重い物を持ち上げたのが原因かも?』ということです。症状の詳細は、包丁を、力を入れて使ったりした時や登り坂を歩いたり、走ったりすると強い痛みを感じる。特に、夕方から夜にかけて痛みがひどい。この一か月の間は良い悪いの繰り返しで現在にいたる。

もともと、年に3~4回左腰痛が出ていた。
慢性の左肩こりがあり、時々左腕が重だるい。

(検査)
1:左小殿筋・左梨状筋・左大腿二頭筋の筋筋膜障害。
2:仙骨1番の関節機能障害。
3:左足底反射障害。
4:左後斜角筋・左右頚腸肋筋・左棘下筋・左烏口腕筋の筋筋膜障害。
5:頚椎3番の左後側方変異。

(施術)
上記の障害を、東カイロプラクティック独自のNMRT(神経筋反射テクニック)でタッチするような安全で無痛なテクニックで障害を取り除いた。

(結果)
3回の治療で10→2に症状改善。坂道を走って登ってもまったく痛くなくなったといって、大変喜んでいただけました。現在、無理をした時に出る軽い腰痛を改善するために治療継続中。

(考察)
この患者様の坐骨神経痛よう症状は病院の検査では腰椎椎間板ヘルニアによるということですが、最新の生理学では神経の圧迫では痛みを生じないそうです。(加茂整形外科のホームページに詳しく載っています。)

痛みを生じる1番の原因は筋筋膜障害です。結果を見ればお判りいただけると思います。

よく『ヘルニアで手術を勧められているが、したくないのでどうにかしてくれ』と患者さまに言われます。そして、その患者様の筋筋膜障害を治療すると大半が改善します。

本当に手術が必要な方もいると思いますが、必要のない手術は当然避けなければなりません。当院の治療手技はタッチするような感覚で、まったく安全で痛みのない施術を行っています。

巷でよく聞く、強い力で骨をボキボキ鳴らすような整体・カイロプラクティックもあるようですが、今回のような患者さまは避けた方が賢明だと思います。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

19年11月22日 初診 女性 72歳

右股関節の痛みで娘さんの紹介で来院。

(現病歴)
約3年前から時々動作時に鋭い痛みを感じるようになった。19年8月頃から思い当たる原因もなく症状がひどくなり、右大腿前外側の痛みも伴い、歩くのも辛い状態で徐々に悪化傾向。1ヶ月前によく行く鍼灸で4回ほど治療した。少し楽になったが、数日がたって元に戻ってしまった状態での来院であった。

(検査)
1:右中殿筋・恥骨筋・大腿二頭筋の筋筋膜障害。
2:腰椎5番の関節機能障害。
3:右足底反射障害。

(施術)
上記の障害を、東カイロプラクティック独自のNMRT(神経筋反射テクニック)でタッチするような安全で無痛なテクニックで障害を取り除いた。

(結果)
5回の治療で症状改善。症状が無くなったので治療を終了することにしました。

(考察)
この患者さまは、右足底の機能障害(扁平足)から足底反射障害により右下肢の抗重力筋に過大な負荷がかかった状態であった。それが、農作業中のチョッとした過剰負荷が原因で上記の筋に障害を生じ、今回の症状が出現したものと思われる。(中年女性の股関節障害はよくある疾患の一つです。)

症状は取れたが足底の安定と大腿二頭筋が本来の状態までいっていないので、また症状が出たらすぐに来院するように告げて治療を終了。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

19年11月28日 初診 女性 55歳 

上アゴと舌の痛みと熱感で精神的に参っている患者さまで、脳神経外科を含めた色々な病院での診察で原因が判らず、友人の紹介での来院である。

病院では、原因が判らないということで痛み止めと睡眠薬を処方されていたが、症状が改善しないのでかなり精神的に憔悴している状態でした。

(現病歴)
7ヶ月前から徐々に症状が出るようになり、4ヶ月前からは舌の痛みと熱感で口に氷をくわえて睡眠薬を飲まないと寝れないほどひどい状態が続いていた。

(検査)
1:口の中の筋肉(内外側翼突筋、軟口蓋筋、口蓋舌筋)の筋筋膜障害
2:頚椎1番と後頭骨の関節機能障害
3:左胸鎖乳突筋の筋筋膜障害
4:左頭長筋の筋筋膜障害

(施術)
上記の障害を、東カイロプラクティック独自のNMRT(神経筋反射テクニック)でタッチするような安全で無痛なテクニックで障害を取り除いた。

(結果)
3回の治療で症状が10→4に改善。患者さまは、やっと治るめどがついた感じでかなり喜んでいただけました。現在治療継続中。

(考察)
咬合に係る筋肉は経験上非常に精神的ストレスと深い関連があります。この患者さまは過去に鞭打ち症の既往があり、精神的ストレスの多い仕事と相まって今回の症状を発症したものと思われます。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。