上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
左の腰痛と股関節の痛みで来院した30代の女性で、左足を引きずって歩くようなかなり痛みのひどい状態であった。検査をすると腰椎の4,5番が右回旋して、右の仙腸関節が可動性が悪く左側は可動性亢進の状態で左の股関節周辺の筋群が補正で過収縮の結果激しい痛みになっていたようである。よって、左右の仙腸関節の調整をして、周辺筋を正常化させるとその場で歩行が楽になり、痛みの状態は10→4ぐらいに改善して初回の治療を終えた。その後4~5回の治療で10→2ぐらいに改善したが、残りの症状がスッキリ取れないので全身の再検査をすると右の足首に30年前の複雑骨折の傷が見つかった。初回の問診時に聞き逃した私のミスである。その傷は手術後3カ月の入院を必要とする大けがだったようである。よく診ると足首の可動制限が酷く歩行のサイクルで小趾側から母趾側へのシフトができず小指側で蹴りだしを長期間行なっていたようで小指の中足骨が通常の倍ぐらいに肥厚していた。そこで、今回の症状に至るまでの経緯を推測してみた。右の足首の可動制限を補正するために右の仙腸関節が可動性亢進を起こし、そのために20代から軽い右腰痛があって、それがだんだん悪化して次に左腰痛から今回の症状へと至ったようなので、右腰痛を補正するために右仙腸関節の可動性亢進が低下へ変わり反対の仙腸関節が可動性亢進状態になって現在の症状へとなっていったのであろう。10代の頃はスポーツも普通にできて特に問題はなかったということであった。子供の頃の補正能力に若干驚いた。やっぱり若さってすごい!

そこで、治療はこの足首を改善させることにした。この足首を触っていると少しずつ距骨という骨が周辺の骨を伴って動くのを追随していくという治療をおこなった結果、可動性がかなり改善し小趾側の肥厚も半減して、今回の症状がほぼ改善した。

以上の他にも大きく改善したことがあった。それは、かなり酷い便秘症である。月に2~3回は浣腸して出すということであった。過去に腹痛を起こして救急車で数回運ばれた経験があり、それが怖くて浣腸を常用するようになったようである。しかし、足首の改善とともに腰椎の4,5番の回旋変位が良くなり、便秘症がかなり改善して浣腸が必要なくなったということである。

今回の症例から過去のケガや手術の既往は特に大事だと反省させられた症例であった。
スポンサーサイト
先日の老婦人がご主人を連れて来院した。ご自分が楽になったので連れて来たということでした。

ご主人の症状は、膝をつくと数秒間痛みが走るが、その後は症状はなくなってどうもないという。しかし、そのことが気になって散歩すると膝を悪くするのではないかと怖くなったらしい。

また、内科で糖尿病の診断を受けているので本人は歩きたいのだが、整形の先生に以前山登りで膝を捻挫して痛めてから悪い時は膝を使わないように言われているので悩んでいるという。

糖尿のためには散歩したほうがいいが、膝のためには歩かないほうがいいのかと・・・・。

膝の状態を診ると、足の歪から膝蓋四頭筋健に異常な負荷がかかって痛みが出ていた。足の歪みをタッチエネルギーで改善させるとほとんど痛みが取れたが、念のためにこの健にもエネルギーを与えて膝の治療を終了した。

今度は、糖尿病の治療である。基本は、運動と食事制限である。まず膝を改善させてとにかく歩くことであるが、膝自他の問題はすぐに改善されたのでいいのだが、食事制限はすでに本人が徹底して行っていたので体はガリガリに痩せていたのである。

少し変だと思い後日、発症当時からの血液検査表を見るとヘモグロビンA1Cの数値は5点台で正常範囲内、空腹時血糖値が少し高めで110前後であった。また、血糖負荷テストでの数値の下がりが悪いといわれていた。

それで、入院して食事療法を行っていた。そのために体重は53kg→45kgに激減したのである。結果、以前は2時間ぐらいの散歩は平気だったのが、30分も歩くと疲れてふらふらになってできなくなったそうである。

79歳になる老人をこの程度の検査異常で入院しての食事療法が本当に必要だったのかはなはだ疑問である。ましてや、退院後の血液検査では貧血になっていた。そのため30分程度の散歩でも息が上がって出来なくなっていたのである。

その病院の糖尿病の治療の真意は分からないが、とにかくセカンドオピニオンの意見を聞くべきではないかと助言した。

患者を観ないで数値合わせに走っているのではないかと思わざるを得ない症例であった。

このような患者さんも、自律神経のアンバランスを調整して胸腺ネットワークにタッチエネルギーで刺激を加えると数値はかなり改善するのである。

でも基本は運動と食事制限である。ただ、この老人の場合は食事制限は不要だと思われるので、食事のバランスを考慮するようにして、膝の心配はいらないから毎日しっかり散歩するように勧めた。

2週間位前に右側に坐骨神経痛があるという60代の女性が来院した。長時間の立位で右脚後面に痛みが出る。何年も前からあり、良い悪いの繰り返しであるという。ところが、来院したその日は左の腰が痛いということだった。

腰部・骨盤・両下肢の状態を調べると、特に両足に問題があることがわかった。両足の扁平化を補正するために最初は荷重側の右脚の筋が過緊張を起こして坐骨神経痛のような症状がでていたが、それをかばって左足荷重になり左の腰痛が出たものと思われる。

両足の足根骨、特に立方骨と楔状骨、中足骨が下垂を起こしてその補正で今回の症状がでていた。また、第5中足骨と腰椎の5番は相関関係にあり、日常の靴のツッカケ癖が足底筋の弱化を生みその結果、重心が後外側方向にずれた為に荷重側の中足骨の歪みが腰椎の歪みを形成していた。

両足の歪みをイメージエネルギーで治療してほぼ症状が改善した。ただし、この足の歪みは足底筋の弱化が原因だから、足底金を鍛える足半を紹介してエクササイズを行ってもらうことにした。真面目に足半を履いてくれれば坐骨神経痛様症状は出なくなるだろう。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

手術後のキズ(瘢痕)が原因で膝痛、ふくらはぎの重だるさ、腰痛の症例。

20年9月6日に初診でご婦人が来院されました。左膝の痛みで他院で治療して改善したが、症状のなかった腰痛と右ふくらはぎの重だるさがでてきて不安になっての来院である。

この患者さんは、子宮筋腫の摘出手術のキズ(瘢痕)による結合組織の歪みが骨盤を歪ませ、左下肢を歪ませ膝痛を生じたものと思われる。他院で原因である術後瘢痕を無視して治療したために膝痛は治ったが別の症状が出現したものと思われる。

原因を治療していないために歪の負担のかかる場所が変わっただけのことである。新たに仙骨と右下肢のリンパ、静脈環流の障害を生じ腰痛と右下肢の重だるさの症状がでたのである。

治療:IEST(イメージエネルギーシンクロテクニック)で骨盤と下腹部のリンパ、静脈環流を改善して6回の治療でほぼ改善した。

詳細な問診と正確な検査があって初めて原因治療ができるわけで、改めてその重要性を再認識させられました。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

19年12月25日 初診 女性 36歳

この患者さまは、10年前にママさんバレーで左膝の十字靱帯を断裂して以来ずっと続く慢性腰痛の方で、最近腰痛が悪化したための来院である。

(現病歴)
約10年前にママさんバレーの練習中に左膝の十字靱帯を断裂、その後整形外科で手術治療。それ以来左腰痛と、左膝痛、左ふくらはぎの鈍痛とだるさがあり、特に試合の後はそれらの痛みが激しくなって、2~3日何もできない状態になる。

(検査)
1:左腸腰筋・左起立筋・左中殿筋・左膝窩筋・左腓腹筋・左足底筋筋筋膜障害

2:右腰仙関節・左膝関節・左脛腓関節機能障害

(施術)
上記の障害を、東カイロプラクティック独自のNMRT(神経筋反射テクニック)というタッチするような安全で無痛なテクニックで治療した。現在8回治療して、症状は10→3に軽減している。

試合後の腰痛は膝を怪我する以前の状態まで回復している。
現在2週間に一回のペースで治療継続中。

(考察)
このケースは、膝を怪我した後の周辺の機能障害が腰仙筋筋膜の機能障害に波及して腰痛を生じさせたものである。

こういった怪我による手術後に残る筋筋膜障害、関節機能障害は大変良くあるケースで、怪我の後は必ず早期の機能障害の治療をお勧めする。

早期に治療することで、全身に及ぶ機能障害の連鎖を断つことが出来るのである。

この患者様のように10年にも及ぶ長い間、機能障害を放置していたために腰部・骨盤部・足部に機能障害の連鎖が波及していた。

膝を怪我する以前は腰痛など体の痛みを感じたことがないというほど元気な方だったのが、怪我から派生する筋筋膜障害によりこれらの症状を呈したものと思われる。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。