上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月1日は稲田芳弘氏の「ガン呪縛を解く」という講演を聞いた。
現代医学が提唱するガン治療「手術・抗がん剤・放射線治療」がガンに対する唯一の治療法なのだろうか?

自身も乳ガン(3b期)を患い千島学説による理論からガンの真の成り立ちを説き、現代医学のガン治療を一切断り代替療法により末期寸前の状態から約4年を経てほぼ完治の状態に至っている。

千島学説じたい現代医学の基礎を根本から覆す理論だからにわかには信じがたいものだが簡単に説明すると、現代医学はガンをっててい的にたたき、結果的に免疫力をズタズタにする医療だが千島学説による代替医療は免疫を徹底的に強化してガンをやっつける医療なのである。

だから、現代医学のガン治療のように患者は弱りきってしまうのではなくどんどん元気になる治療なのである。

免疫学の権威である医学博士の安保徹教授も「ガンに限らずあらゆる病気の治療は白血球であるリンパ球と顆粒球のバランスを整え免疫力を高めることだ」と説いている。まさにこれが21世紀にふさわしい医療ではないかと感動させられた。

皆さんも是非ネットで「ガン呪縛を解く」を検索して稲田氏のHPをのぞいてみてはいかがだろう。
ガンに対する考えが全く変わると思います。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。