FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背部痛

昨日、40代の男性が背部から首肩へと続く痛みを訴えて来院した。聞くと、「2年ぐらい前から思い当たる原因もなく痛みだした」という。既往は胃潰瘍と十二指腸潰瘍があり今は薬で抑えているからたまに軽い腹痛があるぐらいで大したことはないらしい。ちなみに煙草を1日4箱(80本)吸っている。

背部の痛みの場所が上部消化器系の障害による反射痛が良くおこる場所だったので、腹部を触診すると案の定、左の下部肋骨周辺とその周りの腹部に圧痛があった。

その圧痛部位をイメージエネルギーで治療すると背部の痛みは取れた。残りの首肩痛は胸郭の障害を同じように治療してほぼ症状が消失した。

この患者さんは、煙草の吸い過ぎから上部消化器の障害がおこりその反射痛が背部に生じたものであった。したがって、煙草を極端に減らすか止めないとまた同じような症状がおこることを告げて治療を終了した。

中高年になると食生活の乱れから起こる腰痛や背部痛、首肩痛が多くなる。若年者でもでたらめな生活をしていると同じである。体に何らかの不調がある人はまず始めに食生活の改善をおすすめする。もともと大半の病気は生活や食生活の乱れから起こっていることを知らなければならない。

治療するほうも患者さんが少しでも改善させようと努力する姿勢があれば、治りが断然よくなるのだが・・・

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。